ブロガーかっちん

いま自分がやっている事が、価値のある事だと信じたい

おもしろい話の探し方「ネタの探し方」

通話アプリ「LONELY」にハマってる、ヒステリックバトラーです。

このアプリを使って、普段出会うことのが無いような人と話すことが増えて人生観が豊かになりました。会話が苦手な人はアプリから会話するのも良いんじゃないですかね。

 

こんなツイーとを発信しました。

おもしろい話とは、「共感できる話題のこと」

 

共感できる話題が大切と書きましたが「共感出来る話題が見つからない、どんな話しが良いのか分からない」そんな人に共感できる話題探しの方法をお伝えします。

 

www.hystericbattle.com

 

 

おもしろい話の作り方「ネタの探し方」

f:id:hystericbattle:20190503220910j:plain

芸能人もこの方法を使ってます。

 

No1.一番多くの人が共感できる話しは「家族ネタ」

 あなたも家族は居ますよね。そして周りの友人にも家族が居ます。誰もが一番身近に感じて、共感できる話題が家族なんです。「親父の変わったクセ」「弟のやらかしたエピソード」思い返せば何個でもあるはずです。

 

家族エピソードに使える例

  • 家族で行った旅行の話
  • 家族で失敗した話し
  • 親父の変わったクセ
  • 母親の料理の話し
  • 親父の仕事
  • 妻の変わったクセ
  • 夫の変わった生活
  • 子供の新しい成長の話し

この話題を考えるのに1分も掛かりませんでした。この中から相手に合いそうな話題を見つけて、会話を進めるだけでスムーズに会話が進むはずです。

 

 

No2.学校のエピソード

日本に住んでる人なら99%の人は、学校に行ったことが有るはずです。特に小学生時代は、6年間も学校に通うので特に話題が豊富なのは、小学校時代の話を掘り下げると盛り上がると思います。

 

学校エピソード例

  • 学校の変わった校則
  • 変な先生の話
  • 給食の話し
  • 学生時代の思い出話
  • 避難訓練の話し
  • 授業中(実習時間の暇つぶし)
  • 夏休み、春休み、冬休みなど
  • 授業参観のエピソード

 

学校が同じだと盛り上がること間違いないですね。思い出話は「共感出来て盛り上がります」学校生活とは人生の基礎となる部分です、どの分野でも基礎は話題になる部分です。

 

 

No3.食べ物、住居

食と住居は、切っても切れない存在です。ですが好き嫌いが分かれるので、会話がかみ合わない時が有ります。一人暮らしを始めたばかりの子だったら、一人暮らし苦労エピソードなんかが盛り上がったりします。

 

食べ物、住居エピソード例

  • 一人暮らしの大変な場面(風邪をひいたら看病が大変など)
  • 一人の時間の寂しさ
  • 自炊の大変なところ
  • 近所の美味しいお店
  • 死ぬ前に食べたい物
  • 嫌いな食べ物
  • 子供のとき食べれなかったけど、大人になって食べれる用になった物

 

 

No4.恋愛

学生も大人も一番盛り上がる話題が恋愛。「恋愛は、人生の頭を悩ませる3つに入ると思います」それほど恋愛は、人生に根付いてるという事です。

 

恋愛に使えるエピソード

  • 好きなタイプの人
  • なにフェチか
  • 告白したときの失敗
  • 浮気をしたときの気持ち
  • 始めて告白したとき
  • 学生時代と昔の恋愛の価値観
  • 友達と恋人との境界線 

飲みに行くと一番盛り上がると思います。特に異性飲むときは盛り上がり、盛り上がった勢いで〇〇〇〇なんて事も、恋愛エピソードを上手に使える人はモテると思います。

 

 

 

www.hystericbattle.com

 

No5.テレビ、YouTube

「テレビ、YouTube」は共感できる話題が見つかっても、噛み合わない事が結構あります。好きな芸能人が一緒でも、好きな度合いによって好きなところが変わってきます。このジャンルについては、相手に質問して聞き手に回るのが無難だと感じました。

 

芸能、YouTubeに使えるエピソード

  • 好きな漫才師、YouTuber
  • 好きなYouTube動画
  • 最近見た番組
  • 芸能人を見かけた話し
  • 芸能人の恋愛話
  • 昔失敗してた人の話
  • 意外な素顔の話し

www.hystericbattle.com

 

 

家族ネタは芸能界でも重宝されてる?

f:id:hystericbattle:20190504190130j:plain

松本人志「すべらない話」をしってますか。共演者の名前つきサイコロを振って、振った目に名前が書いてある人からすべらない話をする、なかなか恐ろしい企画です。誰にいつ回ってくるか分からないので、なるべく滑らない無難を話しを持ってくるのが妥当です。

 

そこで使われてるのが家族ネタ。家族ネタは「共感性が強く」誰でもスッと会話に入っていけます。国民的アニメ「クレヨンしんちゃん、さざえさん」も家族エピソードが多く使われてます、家族アニメは共感できるから、長く愛され放送されてるのかも知れませんね。

 

 結婚式でお世話になった親に、感謝のエピソードを読み上げ多くの人が感動し泣くのは、自分に似た共通点を連想させるからだと思います。

 

 

 

まとめ

芸能人は、会話がおもしろいく多くのエピソードを持ってますね。「おもしろい出来事ばかりで羨ましいな」なんて思ってませんか。芸能人も、私たちと変わらない人間です。そんなに面白い事ばかり起きません

 

芸能人は、日常のちょっとした出来事を面白くする方法を持ってます。それは頭の中で「この出来事は、こんな風になったら面白いな」なんて自分の中で、出来事を作り変えます。全員がそうではないと思いますが、有名な人だと「島田紳助」は自分の中で面白く会話を作り変えると言ってました。

 

おもしろい出来事があったらメモする習慣を作るのも良いかよ思います。