ブロガーかっちん

いま自分がやっている事が、価値のある事だと信じたい

おもしろい話には順序が大事『フリオチについて』

たっくーTVにハマってる、ヒステリックバトラーです。

 

今まで『会話が上手い人に共通する〇〇の特徴』なんて記事をよく読んでました。ですが本当に大事なのは、特徴を知ってマネするのでは無く、『なぜ』この会話が面白いのかを考える事。

 

今迄、おもしろい話の話題作りについて書いてきました。話題作りが出来たら、いよいよ会話を面白くする順番です。

 

www.hystericbattle.com

 

おもしろい会話の順番『フリオチとは』

f:id:hystericbattle:20190512192123p:plain

人を笑わせる技で一番使われてる。『フリオチ』とはご存知でしょうか。フリオチとは『会話の流れ=フリ』『会話の笑わせる所=オチ』2つを合わせたのがフリオチです。

 

具体例

芸人サンドウィッチマンを知ってますか。(伊達みきお富澤たけし)のコントにはフリオチが多く使われてます。

 

タクシー運転手のコントで、タクシーに乗ってきた伊達、運転手の富澤が、お客さんに何処まで行くのか聞いたとき。

富澤「どこまで行くの」

伊達「五反田」

伊達「4時から会議があるから、急がなきゃいけないから、遅刻できないんだよ」

富澤「はい」

伊達「急いでくれないか」

富澤「ちょっと、ナニイッテルカわかんない」

 

何回見ても笑ってしまいます。サンドウィッチマンさんのコントは本当におもしろいです。

このコントの、フリとオチについて伝えます。フリ「どこまで行くのか聞いて、まじめに聞き、しっかり理解してる様に見せる」オチ「理解してそうに見せて、まったく理解してない」

 

 

www.hystericbattle.com

 

 

フリをしっかりしないと、オチが濁る。

f:id:hystericbattle:20190512192524p:plain

 

フリとは、打ち上げ花火の導火線みたいな物です。導火線がしっかりしてないと、花火本体に着火しないですよね。フリオチも同じです。フリがしっかりしてないと、オチの部分が盛り上がらないのです。

 

相手を魅了する、興味をそそる「フリ」を考えるのです」。この前ゲームセンターで、店員さん同士が喧嘩しててなど、相手が興味をそそる話題を取り入れましょう。やらかした話し、失敗談などは興味がそそられる話題なので、失敗談などを「フリ」に取り入れると興味が引かれると思います。

 

フリ=この先どうなるんだろうと、興味を誘う。

オチ=考えてた事と全く別のこと、想定外の出来事

 

www.hystericbattle.com

 

 

どんなオチにすれば良いか

f:id:hystericbattle:20190512192711p:plain

会話のオチと言われても、どんなオチが面白いのか分からないと言ってる貴方。おもしろいオチに共通してることが有るんです。「なのに方」です。

  • いままで失敗したこと無かった、なのに。
  • サッカーで負けたこと無かった、なのに。
  • 待ち合わせして、いままで一回も遅刻したこの無かった、なのに。

 

「なのに方」なのです。オチとは、相手が考えもしなかった事を言えばよいのです。モチロン嘘を言えばよいと言うわけではありません。想像もしてなかった驚きが「オチ」になるんです。

 

どこでも使える簡単な具体例

  • ドシャブリの雨なのに、雨に打たれながら「メッチャ天気良いねと言う」
  • すごく不細工なのに、友人の後ろを通るとき「イケメン失礼しますと言う」
  • 真顔で「かわいいね」。友人に、お前の言葉は心がこもってないと言われるんだとねと言う。

とにかく「なのに」を思い浮かべてみましょう。1時間前に起こったこと、ご飯を食べてたとき。なんでも良いので「矛盾、なのに」を探してみて下さい。オチを探しながら行動するのも面白いものです。

 

 

おもしろく無い話は、だいたいオチを先に言ってる

f:id:hystericbattle:20190512192943p:plain

例=パチンコ屋に行ったときと話し

「パチンコ屋の店内は、音が大きくてうるさいから、耳栓代わりにパチンコ玉を耳に詰めるんだ。」

「どの台が当たりそうか、いろいろ眺めてたら。一人変わったおっさんを見かけた」

「その人は、鼻にパチンコ玉を詰めてた」

「花粉症なのか?タバコの煙が嫌なのか?」(とにかく謎だった)

「気になったので叔父さんの事を、しばらく見てたら」

「鼻からパチンコ玉が落ちる瞬間に遭遇、落ちた瞬間」

「鼻血が出たんや!!それを見てからパチンコ屋に行くのは辞めようと思ったw」

 

この話しのフリは「耳にパチンコ玉を詰める人が居るのに、鼻に詰めてるシュールなおじさんが居る状況」

オチは「花粉が嫌で詰めてると思ってたパチンコ玉が、実は鼻血を止めるのに使ってた。」

 

ここで話しがおもしろく無い人は、オチを先に言ってしまうのです。「パチンコ屋に行ったら、おっさんが鼻にパチンコ玉詰めてて、それが外れたら鼻血が出たんだよ」おもしろい出来事なのに、フリがしっかり出来て無いせいで、オチの面白さが50%ほどになってます。

 

この話しで大切なのがフリです、おもしろい話しはフリがしっかりしてるから、オチが引き立つのです。ですが、おもしろい出来事は突然やってきます。歩いてたらイヌのウ〇コを踏んだという出来事も、歩いてたら急におもしろい話し降ってきます。世の中のおもしろい出来事はオチから始まるのです。だったらオチからフリを作れば良いのです。

 

 

オチからフリを作る

f:id:hystericbattle:20190512193515p:plain

オチから、フリを考えるのです。

オチ「いぬのウ〇チを踏んだ」

フリ「天気がよく、きもちい気分で青空をみながら歩いてた」

思ってたよりも簡単じゃないですか。フリから考えるとオチが変わってしまったり、オチが分からなくなる時があります。殆どのオチは、非日常出来事なので、フリを日常間を出すだけでも十分なフリオチになるのです。

 

 

 

www.hystericbattle.com

 

まとめ

「嘘も方便」=ものごとをスムーズに運ぶ為には、嘘も必要なこともあると言うこと。オチを面白くするためには、フリに多少の嘘を混ぜるのもしかたないと思う。

 

フリオチを気にしながら、会話をするだけで面白い話が出来る。おもしろい出来事があったら忘れない為にメモをしよう。