ブロガーかっちん

いま自分がやっている事が、価値のある事だと信じたい

テレビでも使われてる会話を盛り上げる方法「アバン法」

キングダムハーツにハマってる、ヒステリックバトラーです。

 

特にトイストーリのステージは面白かったです。

 

 

会話を盛り上げる方法「アバン法」

f:id:hystericbattle:20190512192711p:plain

「アバン法」とは何ぞや!!分かりますよその気持ち。アバン法とは(アバンタイトル)を略したもの。映画やドラマ、番組のVTRやオープニングシーンのことです。

 

アバン法の目的は、TV番組のVTRを流してお客を注目させる為や、CMに移るとき他の番組にお客さんが行かないようにする為です。「お宝映像100連発、明日学校ではなしたくなるマメ知識も紹介」「CM30秒後、有名俳優の〇〇さんに来てもらってます」こんな風に少しでも、お客さんに関心を向けてもらうように努力してるんです。

 

 

日常会話なら何処で使うのか

f:id:hystericbattle:20190513233018p:plain

日常会話や、恋愛、会社の飲み会の挨拶など、多くの場面で使えます。どの会話にも使えるって事。「パチンコ屋に行ったら「えっ!!」って声を出した話しなんだけど」「初めて出会ったとき思った話だけど」「この会社に入社した時、感じた事を話しをします」

 

このように関心を誘って話すだけで、会話に入りやすくなり「どんなことだろう?」気になる感情が出てくるのです。

 

 

日常会話から得られる「アバン法の効果」

f:id:hystericbattle:20181121202012p:plain

  •  説明が苦手な人は、話してるうちに何を伝えたいのか分からなくなってしまいます。そういう人は、アバン法のように自分が伝えたい事を、先に伝えるアバン法は最適だと思います。「今回は〇〇会議の3つのポイントを言いたいと思います」このように言いたいことを示せば、聞き手も、何処のポイントを聞けば良いのか分かります。

 

  • 相手に会話を注目して欲しい場面。「仕事場で思わず「ねんでやねん」ってツッコミそうになった話なんだけど」このように話せば、「どんな話なんだろう」と気になってきます。相手に興味を引かせてから会話をすることで、会話に入りやすくするのです。

 

「1分間で聞けるから」みたいに、時間制限をして話しても良いと思います。時間を決めるだけで、「1分なら聞こう」となります。

 

オチまでのフリが、ちょっと長くなりそうだったら、この方法を使ってみてください。